亜鉛

MENU

亜鉛を多く含む食品を積極的に食べよう!

亜鉛サプリメント 画像

亜鉛を多く含む食品はどのようなものがあるのでしょうか。

 

まず亜鉛とは100種類もの酵素に関係している
大切なミネラルです。亜鉛が不足すると健康面での被害が
たくさん出てくるので注意が必要となります。

 

そこで食べたいのが亜鉛を多く含む食品です。
例をあげていきましょう。

 

 

亜鉛を多く含む食品

 

大豆などの豆類

大豆などを中心とした、豆腐やきなこなどの豆類に亜鉛は入っています。

 

ナッツ類

カシューナッツやアーモンドなどナッツ類にも豊富です。

 

チーズ

チーズなど乳製品にも入っています。

 

レバー

鶏肉、豚肉のレバーに亜鉛は入っています。

 

牡蠣

海のミルクと呼ばれる亜鉛含有量トップの王様です。
牡蠣を数粒食べるだけで1日の亜鉛摂取量を摂れるので大変オススメです。

 

 

牡蠣に含まれる亜鉛の美容効果

 

美肌作りに欠かせない亜鉛

 

豚肉の3倍から5倍も亜鉛が含まれているのが牡蠣です。
実は牡蠣に含まれる亜鉛は美容効果が高く、美肌を作るのに
適切であると言われています。

 

細胞分裂をサポートしてくれるので肌のターンオーバーを正常にしてくれ、
お肌を綺麗にしてくれるのです。

 

 

亜鉛はホルモンバランスを整える

 

ホルモンバランスの整った女性はお肌や健康面の安定をキープできます。
ですから積極的に亜鉛を摂りたいものです。

 

 

牡蠣の中のミネラルも体に必須

 

牡蠣に含まれる豊富なミネラルも体にとって嬉しい成分です。
一緒に摂取して健康的な体作りができます。

 

 

牡蠣に含まれる亜鉛が育毛を促進する?

 

育毛に効果的な牡蠣

 

牡蠣に多く含まれる亜鉛は、育毛に効果的だと言われています。
タンパク質を合成する上で必須の亜鉛は、髪の毛を作ったり、爪を
作ったりするのに使われているのです。

 

育毛目的で牡蠣を食べるというのも1つの手段でしょう。

 

 

タウリンが血行促進する

 

牡蠣に含まれるタウリンが血行を促進し、血管を柔軟にするという
作用も持っているというデータがあります。

 

 

牡蠣を美味しく食べるには?

 

生食

 

牡蠣好きの人は生食が良いでしょう。
特に美味しいと言われる殻付きの牡蠣がオススメですね。
鮮度の良いものを選びましょう。

 

1日数粒で1日の亜鉛摂取量を摂ることが出来ますから、
食べすぎには注意が必要です。

 

 

加熱調理する

 

亜鉛は加熱しても成分を壊されないメリットがあります。
牡蠣をフライにしても良いし、鍋に入れても良いですね。

 

美味しく牡蠣を食べて元気な毎日を過ごしましょう。

 

 

牡蠣以外に亜鉛をたくさん含むもの食品は?

 

牡蠣以外で亜鉛を豊富に含む食品はあるのでしょうか。

 

牡蠣小2個で28mgもの亜鉛を含むのに対し、
ついで和牛もも肉80gの3.6mgが2位なのです。
ですから、完全に亜鉛の含有率で言えば牡蠣の勝利なんですね。

 

 

亜鉛の吸収をよくする食べ方は?

 

いくら牡蠣が亜鉛を多く含んでいても、正しい食べ方をしなければ
効果的に吸収できませんよね。そこで効果的な食べ方をご紹介しましょう。

 

 

クエン酸を多く含む食品と一緒に

 

酢や梅干、キウイ、レモン、いちごなど酸味のあるものと一緒に。

 

 

ビタミンCを多く含む食品

 

トマト、ピーマンなど野菜やアセロラなどの柑橘系果物が良いでしょう。

 

 

動物性タンパク質を含むもの

 

まぐろ、さば、さしみや豚ヒレなど、チーズなどの乳製品。

 

これらと一緒に牡蠣を組み合わせることによって吸収率を
アップさせることができます。

 

肉や魚介類なら鍋に一緒に入れるだとか、レモンなどは
牡蠣フライに絞り汁をかけると美味しいですね。

 

 

亜鉛の王様、牡蠣

 

牡蠣はサプリメントが出ているほど亜鉛の含有量が多い食品です。
最も旬なのは冬場で、夏場は岩牡蠣などが出回っています。

 

加熱処理して食べることが前提ですが、新鮮なものはそのまま
生で食べることもできます。

 

濃厚な甘みのある味わいが特徴で、好きな人は大好きなのが牡蠣です。
その代わり、苦手な人はいつまでたっても苦手なようですね。

 

そのような場合、亜鉛不足が考えられるのであれば、
サプリメントなどで応用しても良いでしょう。

亜鉛を多く含む食品を積極的に食べよう!関連ページ

亜鉛が発揮する効果とは一体何?
亜鉛サプリメントとして今人気、牡蠣サプリについて詳しくご紹介したコラム記事です。
亜鉛サプリメントを飲む時間でベストな時間帯はいつ?
亜鉛サプリメントとして今人気、牡蠣サプリについて詳しくご紹介したコラム記事です。
亜鉛サプリメントの副作用ってなんだろう?
亜鉛サプリメントとして今人気、牡蠣サプリについて詳しくご紹介したコラム記事です。